応急処置のいろいろ

愛犬の調子がいつもと違うというとき、応急処置ができれば、犬も助かる
場合が多いです。かかりつけのお医者様で、往診に来てくれるところなど
を確保すると同時に、飼い主の私たちにできることを覚えておきませんか?
ここでは、さまざまな状況での応急処置を取り上げました。

  ・異物を飲み込んでしまったとき
   まず口の中をあけて、中をチェックしてください。異物が見えるとき
   にはピンセットでつまみだすこと。見えないときには、塩水を口の
   端っこから流し込んで、一緒に吐き出させる方法がお勧めです。
   ただし、塩素系漂白剤やトイレの洗剤などを飲んでしまったときには、
   はかせてはなりません。早急に医者に正しい処置をしてもらってくだ
   さい。

  ・虫に刺されたとき
   ハチなどの針がある虫に刺された場合は、まずは、ピンセットで針を抜い
   てから、氷水などで冷やします。ショック状態であれば、医者に診ても
   らうことが必要です。

  ・骨折のおそれがある時
   歩き方がおかしかったり、立てない時などは、骨折の場合が多いです。
   その部分にガーゼを巻き、添え木で骨を挟むようにします。硬いボール紙
   でも代用できますね。その後、包帯などで固定し、医者に診てもらいま
   しょう。痛みが激しいときには犬も攻撃的になりますので、気を付けて
   対応しましょう。

  ・やけどをしたとき
   軽度のやけどの時には、すぐ氷水につけて、氷嚢で冷やします。
   その後、水分を拭き取り、ガーゼなどを当てて、医者に見せましょう。
   ただし、ひどいやけどの場合は、応急処置の際に不手際で、炎症など
   がひどくなることがあります。すぐ、医師に見せることが大事です。

  ・熱中症になったとき
   呼吸がはやくなって、ぐったりしたら熱中症を疑いましょう。
   体を冷やすことが大事ですので、風通しの良い日陰で休ませます。
   水を与えることも大事ですね。体全体を冷やすために、冷たいタオル
   で顔を覆ったり、体に水をかける場合もあります。

  ・出血しているとき
   傷口を確認し、汚れを洗い落として、ガーゼをあて、強く押さえて
   おきます。傷口に異物があればピンセットで取り除いておきたいで
   すね。この際に、毛をカットするのもいいことです。それでも止血
   できないときには、ガーゼの上から伸縮性のある包帯で強く巻いて
   ください。傷口より心臓に近い部分の動脈を抑えることが大事ですが、
   その後、すぐに医者に見せましょう。

  ・突然倒れたとき
   意識がないのであれば、気道確保のために、横向きに寝かせて、
   舌をつまみだします。呼吸していないときには、人工呼吸として、
   両手の平で、ろっ骨を強く押したり緩める動作を行います。
   さらに鼻の先をつかんで鼻から息をふきこむ作業を交互に行ってください。
   また、脈がないのであれば、心臓マッサージをします。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.
 [PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル