熱があるとき

愛犬の状態がおかしいのは、以上の他にもさまざまあります。
これらについてさらに詳しく、その時の対処法を取り上げますので、
いざという時には、参考になさってください。まずは、「熱がある」ときです。

犬の体温は、38,5度が平熱です。いつも体が熱い状態ですので、つい
発熱を見逃しがちですが、足先、耳が熱い時、元気がないときには、
気をつけましょう。もちろん、39,5度以上もあれば、すぐ医者に診て
もらうことです。微熱が何日も続く場合も要注意です。

熱が出たときに考えられる病気には次のようなものがあります。

   ・ケンネルコフ
   ・ジステンパー
   ・パルボウィルス感染症
   ・膀胱炎
   ・肺炎
   ・肺水腫
   ・熱中症
   ・イヌ伝染性肝炎
   ・前立腺炎
   ・中耳炎
   ・食中毒
   ・薬物中毒

この中から、ケンネルコフとジステンパーについて取り上げておきます。
両方とも子犬の時代にかかりやすい病気です。ケンネルコフとは、犬を
飼い始めたとき、3ヶ月間は庭の外に出さないでくださいと言われたこと
はありませんか?せっかくワクチンを打っても、これが利きだすより先に、
ウイルスに感染する危険があるからです。ケンネルコフは、熱が出て、
咳がひどいウイルス性の風邪と思えばいいのですが、まだ赤ちゃんの犬
です。すぐ医者に見せ、治療する必要があります。

また、犬ジステンパーは、同じく1歳未満の子犬に感染することが多い病気
です。発症すれば目やに、鼻水、発熱があり、食欲がなくなり、咳が出る
という、ウイルス性の病気です。感染した犬の咳の飛沫や、生水、目やに
などから感染するため、自分の犬が感染した場合はできるだけ外へ出さ
ないようにしましょう。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.