食欲がないとき

いつもの食事を食べないとき、それはとても気になりますよね。
でも、犬によっては、もっと他の珍しいものがほしくて、ちょっとこちらの様子を
伺っている場合もあります。しかし、こんな場合は、知らんぷりしていると、
いつもの食事をいつの間にか、食べているものです。でも、本当にいつまでも
食べようとしない時、さて、何が起きているのでしょう。

もちろん、口の中に何か異常があるとしたら、食べたくても食べれないですよね。
ですから、まずは、口の中に傷などがないか、確認してください。
指先を入れて、探ってみる、あるいは、目視で確認するなど、できると思います。
それが心配ない場合、続いて、熱がないか、元気はあるか、排便排尿は通常通り
であるか、確認して下さい。

食欲不振はさまざまな病気が原因でおこるものです。
日ごろとの違いから、次のような病気が考えられます。

   ・胃炎
   ・腸炎
   ・肝炎
   ・歯周病
   ・口内炎
   ・胃潰瘍
   ・糖尿病
   ・甲状腺機能亢進症
   ・フィラリア症
   ・パルボウィルス感染症
   ・心臓病
   ・異物を飲み込んだ

もちろんこれ以外にも原因となる病気がないわけではないです。
その点は、お医者様の診断をきちんと受けたいですが、ここでは、意外と怖い、
フィラリア症について、取り上げすね。

蚊が媒介するフィラリア菌によって、多くの犬は命を落とします。
これは、フィラリア菌が心臓などに寄生する回虫だからですよね。飼い主は、必ず、
6月から12月までフィラリア予防の薬を犬に与えることを忘れないようにしましょう。
これは、とても良い予防薬で、必ずフィラリア菌を死滅させてくれるからです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.