尿の量が違うとき

散歩が大好きな犬たちにとって、尿の量によって、犬の健康状態が良くわかると
言えます。尿の量が普段より多いのか、少ないのかによって、考えねばならない
病気も様々です。尿の量が多いか少ないかの判断は、全体でみるとわかりにくい
かもしれませんが、通常から、1日に何回くらいおしっこをしているか、あるいは、
1回でどのくらいの量が出るのかを気にしていると、分かるようになると思います。

尿の量によって、症状別に考えられる病気は、

  @尿の量が多いときには
   ・糖尿病
   ・甲状腺機能亢進症
   ・尿崩症
   ・副腎皮質機能亢進症
   ・上皮小体機能亢進症
   ・子宮蓄膿症

  A尿の量が少ないときには
   ・尿路結石
   ・前立腺炎
   ・前立腺肥大
   ・膀胱炎
   ・急性腎炎
   ・腎不全

などがあります。

また、尿の色によっても、健康状態がわかるものです。通常元気なときの尿の色は、
濁っていることはなく、透明で薄い黄色ですが、この尿がいつもより色が濃かったり、
いつもより薄い場合、赤みが強い場合などは要注意です。こんな場合は、尿を容器
に入れて、医者に診てもらうのが一番です。この場合、尿は採取して時間がたって
いないものにしましょう。時間がたってしまうと、雑菌などが繁殖して、正しく診断
できない場合があるからです。

また、そのほかの考えられる病気としては、
   ・溶血性貧血
   ・血小板減少症
   ・肝炎
   ・肝硬変
   ・フィラリア症
   ・脱水
   ・発熱
   ・ネギ中毒

とくに、ネギ中毒と称して、玉ねぎ、ネギなどで、犬は中毒を起こし、貧血、嘔吐、
下痢などを起こします。ひどい場合は命も落としますので、これらを食させること
のないように、気をつけましょう。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.