犬の健康診断とは

普通の場合、犬の中年期は5歳くらいから、老齢期は一般的に10歳くらいから
と考えられています。人でいえば、中年期は35歳から40歳程度、老齢期は60歳
以上ですよね。人間の場合は、成人病検診と言えば、腫瘍系の病気に注意され
ますね。では、犬の場合の中年期からはどのような病気に気をつければよいの
でしょうか。

もちろん、犬でも人間でも同じ病気に注意すればいいのです。子犬のころから
定期的に健康診断を受けることがベストですが、特に中年期に入ったら、必ず
定期健康診断を受けさせてください。早期発見のために欠かせないからです。
愛犬のことを考えれば是非とも受診させたいですよね。

また、老齢期になると、毛つやもなくなり、皮膚にも張りがなくなります。
腫瘍に気をつけるだけではなく、心臓、内分泌の疾患も多くなりますので、獣医
さんからの指示をきちんと実践したいと思います。何よりも、年齢だからとあき
らめずに、健康診断をすることが大事ですね。気がつかないうちに白内障が起き
ていた場合なども、更に治しようがない緑内障にまで進む前に、治療すればいい
と思うからです。

万が一、何か病気がわかった場合でも、医者のアドバイスを聞けば、犬も家族も
少しでも気持ちを楽に暮らせるではないでしょうか?犬は苦しさを口に出して訴え
てはくれません。家族の一員として愛犬の命を守るのは、私たち家族の役目ですよね。
このために、定期的な健康診断で早期発見、早期治療がなされることを願っております。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 応急処置のいろいろ
★ 毛が抜ける
★ 便がおかしいとき
★ 犬の健康診断とは


Copyright (C) 2007 犬の病気@解説NAVI All Rights Reserved.